トップページ
  
ジャパンオープン・荻村杯
(記事・写真提供/卓球王国)

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

アンダー21女子シングルスは森と陳思羽が決勝で対決
2014/06/21

 アンダー21女子シングルスの準決勝が行われ、森さくら(昇陽高)と陳思羽(チャイニーズタイペイ)がそれぞれ決勝へ駒を進めた。伊藤美誠(スターツSC)は陳思羽に敗れたものの「今大会で最もよかったゲームだった」と語った。日本勢同士の対決となった森さくらと前田美優(希望が丘高)の対決は気持ちを前に押し出した森が勝利した。スコアは以下の通り。

伊藤美誠 6、ー8、ー5、ー9、ー6 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
森さくら 7、4、ー4、4、ー11、10 前田美優

大会4日目のみどころ
2014/06/21

 大会も残すところあと2日となった。本日、6月21日の見どころはアンダー21男女シングルスの優勝の行方。特に女子は準決勝に森さくら(昇陽高)、前田美優(希望が丘高)、伊藤美誠(スターツSC/写真)の3人の日本人が残っており優勝の可能性は非常に高い。男子は世界ジュニアチャンピオンの張禹珍(韓国)やカルデラノ(ブラジル)など力のある選手が激突する。シニア選手並みの激しいラリーの応酬は必見だ。

 なお男女シングルスも準々決勝までが行われ、日本勢の活躍に期待がかかる。

スケジュールは以下の通り

10:00〜 U-21女子準決勝
伊藤美誠VS陳思羽(タイペイ)
森さくらVS前田美優

10:45〜 U-21男子準決勝
張禹珍(韓国)VSロランツ(フランス)
カルデラーノ(ブラジル)VSゴーシュ(インド)

11:30〜 女子ダブルス準々決勝
福原/若宮VSバラノワ/トロシネワ(ロシア)
平野/森薗VSフー・メレク/ミハイロワ(トルコ/ロシア)
鄭怡静/黄怡樺(タイペイ)VS陳幸同/劉銘(中国)
陳思羽/鄭先知(タイペイ)VS馮天薇/ユー・モンユ(シンガポール)

12:00〜 男子ダブルス準々決勝
K.カールソン/M.カールソン(スウェーデン)VS松平/丹羽
岸川/水谷VS唐鵬/黄鎮廷(香港)
上田/吉村VS江宏傑/黄聖盛(タイペイ)
呂翔/周啓豪(中国)VS陳建安/荘智淵(タイペイ)

12:30〜 女子シングルス決勝トーナメント2回戦
福原VS黄怡樺(タイペイ)
リー・フェン(スウェーデン)VSミハイロワ(ロシア)
馮天薇(シンガポール)VS陳幸同(中国)
若宮VSフー・メレク(トルコ)

13:15〜 女子シングルス決勝トーナメント2回戦
石川VSフー・ユー(ポルトガル)
陳思羽(タイペイ)VS平野
ユー・モンユ(シンガポール)VS李依真(タイペイ)
楊艶梅(中国)VS何卓佳(中国)

14:00〜 男子シングルス決勝トーナメント2回戦
森薗VS周ト(中国)
上田VS于子洋(中国)
唐鵬(香港)VS黄鎮廷(香港)
楊子儀(中国)VS江宏傑(タイペイ)

14:45〜 男子シングルス決勝トーナメント2回戦
水谷VSアチャンタ(インド)
カルデラーノ(ブラジル)V姜銅洙(韓国)
吉村VS・健(シンガポール)
村松VS黄聖盛(タイペイ)

16:30〜 女子シングルス準々決勝

18:00〜 男子シングルス準々決勝

19:30〜 女子ダブルス準決勝

20:00〜 男子ダブルス準決勝

20:30〜 男女U-21決勝

上田、森薗、村松、吉村、水谷が明日の3回戦へ
2014/06/20

 波乱が相次ぐ男子シングルス。本日は2回戦が終了し、日本勢では上田、森薗、村松、吉村、水谷の5名が明日の3回戦へと駒を進めた。海外の有力選手も次々の姿を消している中で、唐鵬(中国香港)らが勝ち残っているが、優勝争いは日本勢を中心に進みそうだ。

●男子シングルス2回戦(日本選手)
上田仁 5,-8,5,5,10 大島祐哉
森薗政崇 -7,10,3,-8,6,-10,7 丹羽孝希
黄聖盛(チャイニーズタイペイ) -8,3,7,7,-10,6 高木和卓
村松雄斗 6,9,8,6 楊恒韋(チャイニーズタイペイ)
吉村真晴 8,7,8,5 朴燦赫(韓国)
水谷隼 7,8,-9,5,8 梁靖崑(中国)


写真は村松。敗れた塩野に代わり、カットマンとして上位進出を目指す

福原愛、1回戦突破!
2014/06/20

 先日行われた韓国オープンで復帰した福原愛(ANA)が女子シングルス1回戦に登場。トロシネワ(ロシア)をストレートで下し2回戦へと駒を進めた。福原はゲームを終始有利に進め、トロシネワを圧倒した。特にフォアハンドの決定率が高く、回り込んでからのストレートコースやシュートドライブで得点を重ねた。
 試合後の会見では「この前行われた世界卓球東京大会に出場することができなかったので、その分も頑張ろうと思った。みなさんからたくさんの声援を受け、それが力になった」とコメントした。

日本男子、1回戦敗退相次ぐ。松平健太と岸川聖也も
2014/06/20

 ディフェンディグチャンピオンの塩野に続き、松平健太、岸川聖也も男子シングルス1回戦で敗れだ。それぞれ相手は世界ランキング的には格下だが、初戦で勝つことの難しさを再認識させられる結果となっている。

●男子シングルス1回戦
楊恒韋(チャイニーズタイペイ) -9,-10,-6,4,9,10,6 松平健太
周啓豪(中国) 5,7,7,9 岸川聖也

昨年覇者・塩野、伏兵アシャールの前に初戦で散る
2014/06/20

 昨年、荘智淵を下して勢いに乗り、一気に優勝を飾った塩野。その優勝をきっかけに大ブレイクし、JA全農世界卓球でも日本代表入りしたのだが、その縁起の良い大会で、今年はまさかの初戦敗退となった。

 相手はフランスの若手、アントワーヌ・アシャール。日本には3年前と昨年9月に武者修行で訪れており、鶴岡東高校やトレセンで腕を磨いた。現在はフランス1部リーグでプレーしており、成長中のホープだ。アシャールはカット打ちが安定しており、粘り強いプレーを見せた。一方、塩野はプレーにやや硬さが見られた。昨日までU21で試合をこなしてきたアシャールに対し、塩野にとっては大会の初戦。体があたたまり切る前に悔しい敗退となった。


塩野「向かっていけなかった。相手がミスしてくれるんじゃないかという気持ちがあったかもしれない。相手に脅威となる攻撃が必要。ポイントになったのは2ゲーム目と7ゲーム目。7ゲーム目は追いつきそうで追いつけなかった。気にしないようにはしたけど、注目されていることで少し硬くなったのかもしれない」

アシャール「前回チャンピオンに勝つことでできてうれしいね。相手はプレッシャーがかかったと思うけど、ぼくはU21にも出ていて緊張することはなかったし、自分の力も示すことができた。カットに対して難しい面もあったけど、1本ごとに集中していった」


●男子シングルス1回戦
アシャール(フランス) 8,-7,-6,-4,4,6,-9 塩野真人

上田が荘智淵に勝利!塩野は敗退。男子1回戦
2014/06/20

 男子シングルス1回戦、上田仁(協和発酵キリン)が第一シードの荘智淵(チャイニーズタイペイ)に4-2で快勝。

 一方、昨年、荘智淵を破って優勝した塩野真人(東京アート)は、アシャール(フランス)にゲームオールで惜敗。波乱の1回戦となっている。


上田 -10,3,10,9,-9,8 荘智淵(チャイニーズタイペイ)
アシャール(フランス) 8,-7,-6,-4,4,6,-9 塩野真人


写真:昨年の塩野に、今年は上田に、自身にとっての初戦で敗れたことになる荘智淵

大島祐哉、ヤン・ツーを破る
2014/06/20

 熱戦が繰り広げられているジャパンオープン。先日行われた韓国オープンで男子シングルスベスト8に入る活躍を見せた大島祐哉(写真/早稲田大)がヤン・ツー(シンガポール)を4−0で破り1回戦を突破した。
 大島は台上から先手を取り、ラリーになっても積極的なフォアハンドで得点を重ね調子の良さを印象づけた。韓国オープン同様上位進出が期待される。

U21決勝トーナメント1回戦結果
2014/06/20

●男子U21決勝トーナメント1回戦
チュウ・チェユー(シンガポール) 7,7,8 三部航平
酒井明日翔 1,8,-3,10 孔嘉コ(香港)
神巧也 8,7,-3,8 セダルンド(スウェーデン)
洪子翔(チャイニーズタイペイ) 10,10,-7,8 及川瑞基
ウエシュ(フランス) -9,4,2,-10,9 松下海輝
坪井勇磨 9,4,-4,-10,9 ブロシエ(フランス)
A.ロビノ(フランス) -4,-8,9,6,5 有延大夢

●女子U21決勝トーナメント1回戦
鄭先知(チャイニーズタイペイ) 5,8,12 鈴木李茄
森さくら 7,8,6 阿部愛莉
前田美優 4,7,7 スターシニー(タイ)
加藤杏華 9,-8,-10,8,5 リリー・チャン(アメリカ)
伊藤美誠 6,-8,7,4 邱嗣樺(チャイニーズタイペイ)
李ダソム(韓国) 9,6,10 佐藤瞳
加藤美優 8,5,-11,9 丹羽美里
陳思羽(チャイニーズタイペイ)-10,8,-8,7,9 美濃口千夏

大会3日目の見どころ
2014/06/20

10:00〜 Uー21男子シングルス1回戦
11:00〜 Uー21女子シングルス1回戦
11:30〜 男子シングルス1回戦
14:30〜 女子シングルス1回戦
16:00〜 Uー21男子シングルス2回戦
16:30〜 Uー21女子シングルス準々決勝
17:15〜 男子シングルス2回戦
18:45〜 女子ダブルス1回戦
19:15〜 男子ダブルス1回戦
20:00〜 Uー21男子シングルス準々決勝


 大会第3日目の6月20日は、男女シングルスの決勝トーナメントがスタート。男子シングルスは11年度大会で岸川聖也(ファースト)、12年度大会で水谷隼(DIOジャパン)、13年度大会で塩野真人(東京アート)が優勝と日本勢が3連覇中。今大会もこの3人をはじめ、丹羽孝希(明治大)や松平健太(ホリプロ)といった実力者がタイトルを目指して出陣する。
 女子シングルスでは、先週の韓国オープンで故障明けの実戦復帰を果たした昨年度女王、福原愛(ANA)がいよいよ国内での復帰戦。世界卓球代表組では石川・平野・石垣・田代の4名が登場する。石垣優香(日本生命)のカットプレーに注目だ!

 また、男子シングルス第1シードの荘智淵(チャイニーズタイペイ/写真)、女子シングルス第1シードの馮天薇(シンガポール)をはじめ、世界のトップランカーも続々登場。JA全農世界卓球で団体銀メダルを獲得したフランチスカ(ドイツ)、韓国男子の次代のエース・鄭栄植、現ヨーロッパ女王のリ・フェン(スウェーデン)など、多彩な顔ぶれが揃う。ワールドクラスのパワフルなラリーが展開されること間違いなしだ。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

当ホームページに掲載の写真・文章などの無断転載、転用を固く禁じます。
Copyright(c)2008 T.T.KOKUSAI All rights reserved.